土日休みの看護師のお仕事の早い者勝ち最新求人リスト トップ > ストーカーにならないためには?

ストーカーにならないためには?

普段、何気なく聞いているストーカー(最初は好意でも次第に恨みに変わるということも少なくないようです)と言う言葉。 貴方には全く関係のない事だと、無関心になってはいないでしょうか?実は、どんな方でも、ストーカーになってしまう可能性があるようです。 失恋した場合、頭では仕方のない事だと理解はしていても、気持ち(ある程度共感してもらえることはあっても、基本的にはその人にしかわからないものでしょう)まではそんなに簡単にコントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)出来ませんよね。 元カレと離れたくない、元カレの傍にずっといたい、元カレに忘れられたくない。 嫌いになった別れた訳ではないのですから、そんな気持ち(その時々で変化していくものです)になってしまったのは当然なのかもしれません。 そして、その気持ちが少しずつにエスカレートすることで、ストーカー行為へと発展してしまうのです。 ストーカー(特定の人物につきまとう人のことで、その行為をストーキングといいます)にならない為には、冷静になる事が重要でしょう。 例えば、あなたと元カレとの現在の関係を、紙に書きだしてみてください。 あなたが元カレに執着して付きまとったとして、あなたと復縁(お互いにそうしたいと思っていないと、復縁を迫るのは迷惑行為になってしまいます)する可能性はあると思いますか?余計に、嫌われてしまうのではないでしょうか?一度別れたなら、復縁(近年では、復縁工作を行う業者もいるそうです)は必ずしもありえないと自分を納得させましょう。 この諦める方向に思考を持って行くことがとても重要な事と言われているんですね。 また、日々ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがない状態もまたストレスになるようです)をため込まない事も大事ですね。 そうしないと、ストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)のはけ口が元カレへの執着に変化ししまう可能性がある為です。 体を動かしたり、趣味に打ち込んだり、甘いものをたべるだけでも疲れはとれますよね。 自己中心的にならないよう、ご自身の行動を冷静に判断するようにします