土日休みの看護師のお仕事の早い者勝ち最新求人リスト トップ > 腋臭の治療法って?

腋臭の治療法って?

ワキガ(実は、男性よりも女性の方がなりやすいんだとか)の対策は、対症療法と根治療法がありますね。 対症療法とは、ほんの少しでも臭いが少なくなるよう清潔に保ったり、臭いを抑制するクリームを塗ったり、脇毛の処理をしたりなど、日々の対策をしたらす。 これに対して、根治療方法とは、「ワキガ自体を治してしまったりする」ことをいいます。 近年、比較的、手軽に・安全に様々な根治療法が行われるようになりました。 ワキガ(遥か昔には、畭性を惹きつけるフェロモンとして役立っていたようです)手術も色んな種類がありますから、金額や安全性などメリットとデメリットを考慮して判断するといいんです。 ワキガ(遥か昔には、畭性を惹きつけるフェロモンとして役立っていたようです)治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)には、以下のような方法があります。
◆ワキガ手術
皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)の下のアポクリン腺(哺乳類の皮膚にある汗腺の一様式をいいます)を手術にて除去。 皮膚ごとアポクリン腺(腋窩や外耳道、乳暈などに存在し、体臭の原因になる分泌液を出します)を切除してしまったりする方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)・皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)を切開してアポクリン腺(密度や大きさなどによって、ワキガの有無やワキガの程度を判断できます)を除外する方法・小さな穴を開けてアポクリン腺(耳垢が柔らかい人は脇の下のアポクリン腺の量も多い可能性が高いと考えられています)を吸引する方法などがあるでしょう。
◆レーザー治療(レーザー光線を利用した治療方法のことをいいます)
メスを使わずに、レーザーの照射によってはアポクリン腺(本来はフェロモンや個体識別のためのニオイを出していたそうです)を破壊する手術です。
◆マイクロリムーブ治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)
小さな穴から治療器具を挿入して、汗腺を破壊する手術です。
◆超音波治療
小さな穴から超音波機器を挿入し、超音波によってはアポクリン腺(脂質やたんぱく質などを含む分泌物が悪臭の原因となることもあるでしょう)を破壊する手術です。
◆ボトックス注射(半年から一年くらいが効果の持続期間ですが、繭り返すごとに長くなるといわれています)
アンチエイジング(日本語でいうと、抗加齢、もしくは、抗老化のことで、主に美容業界で使われている言葉です)美容整形(韓国などでは当たり前のようですが、日本ではまだまだ一般的ではないですね)などにも利用されるボトックス(筋肉弛緩作用があり、眼瞼痙攣や片側顔面麻痺などの治療薬として販売されたのが始まりです)(ボツリヌス毒素(一般的には、食品添加物やヒ素、鉛などの有害なミネラルを指すことが多いでしょう)から抽出した成分)を注射する治療法です。
現在では、このようにさまざまな治療法があるのでしょうか。 メスを使用しない手術や、脇に小さな穴を開けるだけの手術など危険性も少なくなりいらっしゃるのではないでしょうか。 また、ボトックス注射っぽい手軽な治療方法もあるのですが、定期的に注射をする必要があります