土日休みの看護師のお仕事の早い者勝ち最新求人リスト トップ > 空室が埋まらない時はどうしたらいい?

空室が埋まらない時はどうしたらいい?

不動産投資(成功すれね、不労所得がざくざく入ってくるというイメージが強いですね)を始める前は、常に満室状態を想定して利回り等の計算をしていらっしゃった方も多いのではないでしょうか。 そういう場合に、空室がなかなか埋らないと言った現実を経験(これがないと雇ってもらえないこともよくあります)してしまったりすると、なんで良いのかわからない状況になってしまいますよね。 損失が出ているからと、慌ててその物件を手放してしまう前に、最初の段階のうちはどうして空室が埋らないのかリサーチして改善する事から始めてみましょう。 設備が整っていない、室内が汚れている等と言った、その物件自体に問題があるのか。 それとも、敷金(最近は、必要ない物件も増えていますが、別の名目でお金を支払わないといけないケースもあるのだとか)、礼金、家賃と言った、金銭的な問題なのか。 または、供給過剰な地域である等といった、環境の問題なのか。 物件自体に問題がある場合には、リフォーム(手を加えて改良することをいいます)等を視野に入れてください。 金銭的な問題であれば、他の入居者から不満が起こらない程度の値下げを考えます。 供給過剰で、近隣に賃貸物件が溢れているような状況の場合であれね、「ここなら住んでもいいかな」と思わせるような他のもの件との差別化を計る必要があるはずです。 不動産管理会社とよく相談して、具体的な解決策が出るように努力なさって下さい。 また、物件には問題が無かった場合でも、住宅を探行う方 にその物件を紹介してもらわなければ、空室はいつまで経っても埋りないのです。 宣伝能力の高い、積極的に募集してくれるような不動産会社を選ぶことも、空室を埋める為に有効な手段となる事があります。