土日休みの看護師のお仕事の早い者勝ち最新求人リスト トップ > 血圧を下げるのに効果があるツボがある?

血圧を下げるのに効果があるツボがある?

生活習慣病の高血圧(高けれね高いほど危険だといわれていますね)は、それを改善したいと思えば相当の努力が必要でます。 でも、それらは高血圧(本態性高血圧症と二次性高血圧に分けられます)を改善する為に必要なことでもあるのです。 ただ、それでもなかなか改善しないといった方も多いはず。 実は、ツボ刺激でも高血圧に効くツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)があるのをご存知ですか?体中に高血圧(血圧は高くても自覚症状がないことが多いので、意識して定期的に計る必要がありますね)に効果があるツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)がありますので、自分でツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)刺激をするのもよいですね。 頭痛など、色々な病に効果が高いといわれている百会(ひゃくえ)は、高血圧(一日のうちでも変化していますし、精神状態にも左右されます)にも効果的でしょう。 頭(いい、悪いなんてよくいいますが、単純に成績がいいだけでは幸せにはなれないことが多いでしょう)のちょウド頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)頂部にあり、両耳をつないだ線と顔の中央の線が交差する場所を押します。 こめかみの後ろにある窪みは、風池(ふうち)といったツボです。 その少し下には、えい風(えいふう)と言ったツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)がありますね。 耳たぶの後ろ側にある窪みだと言えますね。 また、こめかみのツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)の太陽(たいよう)は頭痛(外傷以外の原因で頭部に痛みを感じる症状をいいます)にも効果のあるツボです。 自分で刺激する為あれば、手や腕に存在しているツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)がやりやすいだと思います。 手首(ハンドマッサージって意外と気持ちいいものです。 手って割とこっていることが多いものなんですよね)の小指側の付け根に存在している神門(しんもん)、ひじを曲げた時にできるシワの外側に存在している曲池(きょくち)などが押しやすいでしょう。 ほかにも、曲池から指3本分(約5cm)手首の方側にさがったところには、手三里(てさんり)と言ったツボがあるようです。 足に存在しているツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)は、テレビを見ながら刺激すると良いですね。 足の裏側には、親指の付け根の中央に母趾裏降圧点(ぼしうらこうあつてん)というツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)があるみたいです。 それに、膝の外側には指4本分下側に、足三里(あしさんり)と言うツボがありますので、押しやすいところを毎日コツコツと押してみてください