土日休みの看護師のお仕事の早い者勝ち最新求人リスト トップ > ビタミンEって肩こり、五十肩に効果がある?

ビタミンEって肩こり、五十肩に効果がある?

みんな、ビタミンEについてどのくらいご存知でしょうか?ビタミンEは、1922年にアメリカでハーバート・エバンス氏とキャサリン・ビショップ氏により発見された脂溶性ビタミン(体内で合成できないことがほとんどのため、食物やサプリメントなどから摂取する必要があります)の一種です。 ビタミンEは、トコフェロールとトコトリエノールの2種類に分ける事が出来ます。 日頃、一般的にビタミンEと呼ばれているのは、トコフェロールです。 トコトリエノールは、1950年代にあらたに発見されたもので、別名「スーパー(近年ではセルフレジを併設しているところも増えました)ビタミンE」とも呼ばれます。 なぜ、スーパービタミンEかと言うと、トコフェロールの効果も持ちつつ、それ以上の沢山の働きも兼ね備えているためです。 さて、ビタミンEにはどんな効果があるのでしょうか?ビタミンEの一番の特徴は、抗酸化作用がある事です。 体の中に活性酸素が多くあると、生活習慣病(脂質畭常症、肥満、高血圧、糖尿病、心臓病、脳血管疾患、動脈硬化、歯周病、骨粗鬆症など、たくさんの病気があります)等の原因となってしまいます。 でも、抗酸化作用のあるビタミンEを摂取し、その原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)を取り除くことができるのです。 また、男性ホルモンや女性ホルモン(感動するのも分泌量を増やすのにいいのだとか)への代謝効果もある為、生殖機能のガンを抑えたり、更年期障害を防いだりします。 その他、ビタミンEには血管を広げたり、血液の流れを良くする働きがあります。 その結果、体の隅々まで血液が行き渡るので、肌の調子が良くなったり、血行不良(運動をしたり、サプリメントを利用することで改善できます)による肩こり(僧帽筋や肩甲挙筋などが同じ姿勢を取り続けることにより緊張して血行不良となることで、疲労物質が溜まってしまうことが原因だと考えられています)や五十肩の症状が改善されてる効果もみられたりするようです。 ビタミンEが多く含まれる食品として、アーモンド(木そのものよりも、その実であるナッツを指すことが多いですね)やピーナッツ等の豆類、植物の油、ほうれん草やかぼちゃ、鰯やウナギ等があげられます。 油に溶けやすい性質を持ったビタミンEは、油で調理して摂取すると吸収されやすくなります。 ビタミンEの効果を得る為の摂取量としては、1日約100〜三百メートルgが目安となっています。 但し、600〜800ミリグラムが許容量とされており、それを超えると過剰摂取になるので気をつけて下さい。 ビタミンEを上手く摂って、かたこりや五十肩の症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を改善した方がいいのです。