土日休みの看護師のお仕事の早い者勝ち最新求人リスト トップ > ギター以外に必要なものって?

ギター以外に必要なものって?

アコギ(クラシックギターとフォークギターの総称として使われることもあるでしょう)を上達する方法、それはひとえに練習を行う事です。 「アコギは弾けば弾くほど上達する」と述べている人は結構いらっしゃるかもしれませんね。 アコギ(アコースティックギターの略称ですね)を弾く事が出来るようになるには、コードを覚えることが重要ですねが、いきなり?あるコードを覚えるのは大変です。 まずは、3〜5個位の簡単なコードで弾く事が出来る自分の好きな曲を徹底的に練習することによりす。 といって、単に長い時間練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)すればいいというわけではなく、大事なことはその密度。 集中して練習することにより、たとえ短時間でも上達します。 日々の練習(最後はどれだけやったかが自身に繋がるのだとか)は苦痛に感じる可能性もあるといえますが、弾けるようになってくると、だんだん楽しくなってきて、練習にも熱が入るようになります。 また、少し上達してきたら、コピーをするのも効果があります。 コピーをする事により、貴方の苦手な部分がわかり、今後の課題も見つかります。 コピーをするのは自分の好きな曲や、好きな演奏家のものがいいですよ。 ここで、初心者が練習する際のコツを2つほど紹介します。 1つは、指の関節を柔らかくすること。 特に初心者は、指と指の関節が硬いため、コードが弾きにくかったりします。 アコギ(生ギターということもあるようです)の練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)をする前や普段TVを見ているとき、電車の中などで、指と指の間を広げ、関節を柔らかくするようにすれねGood。 もう1つは、コード弾きは、スローテンポで次のコードに移っていくこと。 そのほうが指がコードを覚えやすく、早く上達します。 一方、ギター(ニコニコ動画などで演奏している動画を公開する人も増えています)を愛(親子、恋人、友人、色々な形がありますね)情をこめて扱うことも重要となってくるでしょう。 保管状態など雑に扱っていると、ネックが反り返ったり、ボディにヒビが入ったりすることがあります。 また、愛(親子、恋人、友人、色々な形がありますね)情を込めて扱い、弾き込んだギター(弾けるようになる前に挫折する人も少なくないでしょう)は、乱暴に扱われたギターよりもよい音がします。 もちろん、これはギター(弾けるようになりたいと思ったことがある人は多いのではないでしょうか)だけではなく、すべての楽器にいえることです。 そして、楽器を大事に扱っている、その優しさが演奏にも現れるのは間違いないはずです。