土日休みの看護師のお仕事の早い者勝ち最新求人リスト トップ > DVの治療方法って?

DVの治療方法って?

夫婦関係や恋人関係の間柄で、男性が女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)に対して暴力行為を行うことをドメスティックバイオレンスと呼んでいるのです。 「DV」という言葉を耳にすることが多くなっていますが、さいきんではこのDVによる被害が増加傾向にあります。 恋人からDVを受けて悩んでいる女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)や夫からDV(地域によっても発生する割合が畭なるそうです)を受けているにもかかわらず、将来の生活が不安(これを感じているとなかなか幸せにはなれないものです)であったり、子供の事を考えてなかなか離婚に踏み切れずにいる女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)も少なくないようです。 DVは何らかの精神的な疾患が原因であることもよくあるものですが、DV(肉体的暴力の他に、精神的な虐待や性的な虐待も含まれます)は一体どういった治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)を行えば改善されてるのでしょうね?実は、DV(ドメスティック・バイオレンスの略で、家庭内暴力と訳されることが多いです)の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は非常に難しいと言われており、加害者の暴力行為を止めさせれば良いというような問題ではないものです。 長い間、暴力行為を夫や彼氏から受けていた女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の中には、暴力行為をうけいれてしまう方もいることでしょう。 「結局は私が悪いから彼が暴力をふるってしまうんだ」とか、「暴力をふるったとしても、この人を理解することが可能でるのは私しかいない」等と思い込んでしまうそうです。 そして、それが余計にDV行為をひどくしてしまう原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)にもなり兼ねないでしょう。 ということは、DVを治療するためには加害者本人だけでなく、被害者自身も今までのような考え方を捨て、行動していかなければならないのです。 それに、加害者本人にもDVであることをわからせるために、一度心療内科(精神科との違いは非常にあいまいで、その病院によっても畭なるでしょう)やカウンセリング(あまりにも高額な費用を請求するようなカウンセラーとは関わらない方が身の為です)などに行く必要があるのです。 DV(最近では、女性が男性に対して行うケースも増えてきており、被害者の割合は同?だという説もあります)では、加害者本人が加害者である事に気が付いていないケースもおおいでしょう。 カウンセリングに行き、原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)を突き止めることで、きっと解決の糸口をつかむことが出来るはずです。 最低でも半年は治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)にかかるはずですが、これから先のことも考え、根気よく治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)していくことがおすすめです。